読書日記 2010-013 [★★★★☆] シンプル族の反乱

シンプル族の反乱
シンプル族の反乱

posted with amazlet at 10.02.23
三浦 展
ベストセラーズ
売り上げランキング: 24746
おすすめ度の平均: 3.0

4 納得します
4 消費傾向のひとつの切り口として!
3 ひとつの仮説ですから・・・
3 シンプルとは 内面からくるもの
3 残念なのは、ナチュラル好き消費者の購買動向レポートで終わっていること

ものを買わなくなった現世代の人たちの消費動向をまとめた本。
こんな消費者が相手では、マーケティングは難しいですよね。
と、言いつつ、シンプル族の気持ちに大いに共感でき、客観的に見ると私はシンプル族ど真ん中という感じだと思います。

「下流社会」の三浦展さんの本、面白くてついつい買ってしまいます。
昨年まではマーケティングなど何も知らなかったですが、今年マーケティングの本は結構たくさん読んだので、三浦展さんの本がさらに面白く感じられます。

シンプル族は今後も増えていきそうなセグメントです。
シンプルに何かをプラスする考え方で攻めることができそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です