business book

「何が求められているのか?」と「減らすこと」

リクルートエージェントNO.1営業ウーマンが教える 社長が欲しい「人財」!
森本 千賀子
大和書房
売り上げランキング: 125,589

会社には4つのステージがあり、そのステージごとに必要とされる人材像は異なる。
また、自身の能力や志向も様々で、その2つをマッチさせることができれば、人財として能力を発揮できる。
自分の志向を見直すきっかけになりました。

「仕事が終わらない! 」を抜け出す200のアイデア パンク寸前の自分を守る超仕事削減術
ローラ・スタック
阪急コミュニケーションズ
売り上げランキング: 14,545

どうやって仕事を減らし、重要なことにフォーカスするのか。
アイデアがたくさんあり、気づきがありました。

クラウド知的仕事術 スマホ活用のノマドワーク仕事術、読了

クラウドで思考を深め、仕事力をアップさせよ!  クラウド知的仕事術 スマホ活用のノマドワーク仕事術
牛山 恭範
日本能率協会マネジメントセンター
売り上げランキング: 47811

たまにこういう本を読みたくなります。飲み会前の30分、本屋で速読。Toodledoは使ってみたいなと。

イノベーションの作法、読了

イノベーションの作法(日経ビジネス人文庫) (日経ビジネス人文庫 ブルー の 1-3)
野中 郁次郎 勝見明
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 79542

イノベーターの条件として、次の5つがあげられていた。

①理想主義的プラグマティズム
②場の生成能力
③知のリンクをはる能力
④感情の知
⑤勝負師のカン

全部、自分の弱いところばかり。人間としての力量をもっと上げていかないと。力量は座学では手に入らない。外に出て、現場を見ないと。

立ち読み

久しぶりにリアル本屋さんに行った。2冊立ち読みしちゃいました。必要なら買うつもりだったんだけど、買うほどはないなぁと。

勉強会に1万円払うなら、上司と3回飲みなさい (光文社新書)
勉強会に1万円払うなら、上司と3回飲みなさい (光文社新書)

posted with amazlet at 12.02.28
前川孝雄
光文社
売り上げランキング: 202909

いろいろ理屈をこねる前にまじめに先輩の言うことを聞いて、立派な社会人になりなさいという本。書かれている内容は、ホントその通りという内容。納得です。ただ、これを先輩とか上司、会社の社長とかに薦められたら興醒めだなぁと思います。

TOEICテスト280点だった私が半年で800点、3年で同時通訳者になれた42のルール
TOEICテスト280点だった私が半年で800点、3年で同時通訳者になれた42のルール

posted with amazlet at 12.02.28
小熊 弥生
幻冬舎
売り上げランキング: 3053

隙間時間を一生懸命に英語の時間として集める方法がたくさん紹介されていました。実践していることが多かったです。こうやって時間をかけることが、英語難民脱出の一番近道なんだと思います。モチベーションが上がりました。継続はツライけどがんばろう!

百度式600万人中国観光客を呼び込む方法、読了

百度式600万人中国観光客を呼び込む方法
陳 海騰
東洋経済新報社
売り上げランキング: 314861

中国は世界の工場という立場から、世界最大の消費大国に変わりつつあり、立地的に近い日本はその中国の富裕層をインバウンドすれば観光大国になれます。そのためには百度を使いましょうという本です。半分は宣伝でした。

知りたくなくても知っておかなきゃならない 中国人のルール、読了

知りたくなくても知っておかなきゃならない 中国人のルール (アスカビジネス)
水野 真澄
明日香出版社
売り上げランキング: 198059

中国勉強の3冊目。16年間中国に滞在しビジネスを続ける著者の経験をまとめた本。随所にへーと思う中国独特なルールや習慣がありましたが、根本的には人と人とのつながりが大切というメッセージが書かれていました。当たり前だけど、やっぱり人が大切です。

中国人の常識と非常識、中国人の考え方が2時間でわかる本、読了

これだけは知っておきたい 中国人の常識と非常識
大羽 りん
武田ランダムハウスジャパン
売り上げランキング: 197905
中国人の考え方が2時間でわかる本
島崎 晋
PHP研究所
売り上げランキング: 399964

インド学習を中国学習に切り替えました。必要に沿って。

ここでも感じたのですが、なんて中国のことについて知らなかったかが少しだけ分かりました。歴史も地理も文化も知らなさ過ぎるようです。これからすこしづつ勉強していきます。

それにしても、

「中国人男性」と「日本人男性」を比較すると、圧倒的に中国人男性の方が女性にモテます

と書かれており、その理由が「やさしいから」というのに日本人男性として、もうちょっとがんばろうと思いました。ちょうど、これを読んでいるときに中国人女性の知人が隣にいたので、聞いてみたのですが、その方も中国人男性の方がやさしいので魅力的と言っていました。

中国も奥が深いなぁ。

2人が「最高のチーム」になる― ワーキングカップルの人生戦略、読了

2人が「最高のチーム」になる―― ワーキングカップルの人生戦略
小室淑恵 駒崎弘樹
英治出版
売り上げランキング: 9997

最近は「イクメン」という言葉が流行りだが、その議論を一歩進めて夫婦の人生戦略、戦術の形にまとめた本です。

なぜ「企業戦士と専業主婦」というスタイルより、共働きのスタイルの方が有利なのか、楽しいのかという根本的な話から、コミュニケーション戦略、時間戦略、妊娠・出産戦略、育児戦略、お金戦略といった戦術的な話まで、より良い人生を共有したいと願う夫婦が思い悩むことについて提案ベースの著者流のやり方、考え方がまとめられています。男女2人の共著(夫婦ではない)という形をとっているからなのか、「これが正しいワーキングカップル!」的な押し付けになっていない点が良いです。

個人的に共働き夫婦のもっとも良い点は、ビジネスの言葉とスキルを使って家庭の問題を解決していけることだと思っています(PDCAまわしていこうと言っても、専業主婦には伝わらない)。この本、本屋さんでは「ビジネス書」の棚に置かれると思いますが、ビジネスの世界で働く夫婦だったら、「そうだよね、こういうカイゼン方法があるんだ」と納得できると思います。いい本。

本棚に置いておいたら、妻も気にして読むかな?

遠足型消費の時代 なぜ妻はコストコに行きたがるのか?、読了

遠足型消費の時代 なぜ妻はコストコに行きたがるのか? (朝日新書)
中沢明子 古市憲寿
朝日新聞出版
売り上げランキング: 16250

我家もコストコ会員です。行けば分かりますが、休日は「コストコ渋滞」が起きるくらい人気があります。モノが売れないと言われる日本で。その人達が何を求めて、どんな心境でコストコに行くのか、同様の消費は何なのか、これまでの消費と比べてどうなのかを考えているマーケティングの本です。「遠足型消費(海外旅行型消費に対比して)」と「キラキラ(ギラギラと対比して)」というキーワードでその心理と仕組みを考えています。「遠足型消費」と「キラキラ」というキーワードが、それぞれ200回づつくらい繰り返し書かれていますが、「実際、何?」というのはフワフワしててあまりよく分かりませんでした。「キラキラ」しているものは何となく物語性があって、共感できるものらしいです。

自分の消費を振り返ってみて、ちょっと前まで「草食系男子」が好むものを買っていたように思います。なんとなく、「エシカル」だったり、「エコ」だったり、「定番」だったり、バブル的でないものを好んでいたように思います。でも、最近はもうちょっと肉食系の消費に興味が移っているようです。かといって、スポーツカー買ったり、何十万円もするスーツを買ったりはしないのですが。まだ良く分からないのですが、この本や「シンプル族の反乱」に書かれているような消費スタイルとは違う消費のスタイルってあるんじゃないかなぁ。うーん、モヤモヤします。