あぶない肉、読了

  • book

あぶない肉

by 西沢 江美子

食のホラーでした。正直、肉全般が食べられなくなってしまいそうな内容です。ただ、「ちょっと過剰な反応では?」と思うところもありました。

豚、牛、鳥を育てる環境、えさもいろいろあり、それを運ぶ、売る人もいろいろな考え方があります。その中で、我々は我々の食をどのように考えて、どのような選択をするのか、しっかり考えなければいけないとつくづく思いました。

でもそのときにとても重要なのが、信頼にたる情報がオープンになっているのかということです。正直、表示は分かりにくいし、「偽」というのが今年の漢字になるくらい嘘が蔓延しています。

個人的には、妻の実家が牧場を経営しているので、そこで育った和牛ばかりを食べていて、「偽」とは無縁です。こういう情報をもっと広く消費者に知らせることができないかなぁと、いつも思っているのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です