風の谷のナウシカ

風の谷のナウシカ

風の谷のナウシカ

by 宮崎駿(著)

多くの人が知っていると思います。宮崎駿さんのアニメです。遅ればせながら、最近、アニメ本を読みました。映画の方はずっと以前に見たのですが。僕たち人間は、地球にとってどんな存在なのでしょうか。僕たち人間がこの地球上に生まれて何千年が経ったと言われています。そして、このまま行けばそんなに遠くない未来に僕たち人間は、この地球上から姿を消すようです。現在、僕たち人間は地球環境を汚染し、地球の温度や気候にまで影響を与えていると言われています。しかし、地球にとってみれば、取るに足らない些細なことでしょう。そう考えると、「エコロジストでいこう」という僕の声なんて何の意味も無いように思えます。しかし、僕は何かをしなければいけないような気がするのです。今生きている僕の愛する人や、近い未来に生まれるであろう僕の愛する人のために。なんとなく気恥ずかしい紹介でした。ちなみに「となりのトトロ」に出てくるサツキとメイのお父さんが、僕の理想の人物像です。あんな風になりたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です