重松清さんのナイフ、読む

  • book
ナイフ

ナイフ

by 重松清

遅ればせながら、重松清さんの本を始めて読みました。ずーと、気なっていながら手にとっていませんでした。読後の感想は、とても後悔しています。もっと早く読めばよかったと思います。すごく感動しました。特に表題作の「ナイフ」。読んでいて、胸が苦しくなるほどの切迫感です。息を吸うことばかりに気をとられ、吐くことを忘れるくらい胸が苦しくなりました。ぜんぜん誤魔化し無しの人間の気持ちです。感動しました。読んでいなかったら、ぜひどうぞ。次、重松清さんの「エイジ」を読もうと決めました。この人の物語は良い。久しぶりに、好みの作家を見つけて興奮中です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です