自転車少年記、読了

  • book
自転車少年記

自転車少年記

by竹内真

真正面から体当たりの自転車本です。自転車に乗れるようになるエピソードから、初めての遠出から、長距離サイクリングから、友情から、孤独から、自転車法規から、恋愛から、自転車に関係することが全部書かれてます。自転車が好きな人が読んだら、必ず「面白い」って感じるはずです(個人的に意見ですけど)。自転車に縁のない人には、あんまりしっくり来ないかもしれませんが。特に良かったのは、主人公の子供が始めて自転車の補助輪をはずすシーンです。その時、主人公は強力なデジャブに襲われます。補助輪をはずした自転車の先に、今までの彼の人生を重ね合わせます。僕も自分の子供が初めて自転車に乗れるようになる瞬間に立ち会いたいなぁって思います。自動車やバイクに始めて乗れるようになる瞬間にはあんまり興味がないですが。なぜなんでしょうね。ま、いろいろ思うこともあるのですが、自転車好きには強くプッシュの一冊です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です