下流喰い、読了

  • book

下流喰い―消費者金融の実態

by 須田慎一郎

格差社会の暗部で、弱者が借金漬けにされている。デフレ経済下、大手消費者金融会社は低所得者層を貪り、肥大化してきた。いま、その甘い蜜を求めて大手銀行と外資企業が争奪戦を演じている。その一方で、多重債務に陥った利用者は、ヤミ金に全てを奪われた挙句、深い闇に沈められる…。貸し手と借り手の双方に生じている変化を分析し、金融業界と日本社会の地殻変動を克明に描いた渾身のノンフィクション。

「古い」考え方なのかもしれませんが、消費者金融でお金を借りたら「終わり」だと思っています。この本の作者もそう思っているでしょう。TVCMを始め、各種メディアに続々と登場し、信じられないような金利で金を貸す消費者金融(サラ金)。いつの世も、そこからお金を借りてしまった人の行きつく先は同じ場所です。いろんなところで語られていますが、この先、日本の「格差」はますます開いていくでしょう。そして、それが世代を超えて固定化していくでしょう。消費者金融は、固定化された「下流」から全てを奪い取り、地獄に落としていくシステムに見えます。無い袖を振ってはいけません。絶対に。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です