「経営に関する体系的な知識の習得」に関する棚卸し

ビジネススクールに入学した大きな目的の一つに「経営に関する体系的な知識の習得」がありました。入学前まで経営(正確にはエンジニアリング以外全部)と接点がまったくなく、知識ゼロからのスタートだったので、2年間で集中的に学びたいという気持ちでした。必死で学んできたつもりですが、学生生活もあと半年。「MBAだったら、これは読んでるよね!」的な知識は、できる限りおさえておきたいです。

そこで下の本のリストを参照しました。結果、駄目です。元々がまったくのゼロからのスタートですから、完璧は最初から求めていませんが、13冊/47冊(28%)はちょっと低調です。

トップMBAの必読文献―ビジネススクールの使用テキスト500冊
グローバルタスクフォース
東洋経済新報社
売り上げランキング: 28777

厚く、難しい本が多いですが、興味のある分野だけでもおさえていきます。読めない分野は、少なくとも代替する本だけでも学んでおきたいと思います。

更新履歴

14冊/47冊(30%) 2010/9/4更新
15冊/47冊(32%) 2010/9/9更新
16冊/47冊(34%) 2010/9/23更新
17冊/47冊(36%) 2010/11/24更新
18冊/47冊(38%) 2010/12/7更新
19冊/47冊(40%) 2014/4/1更新
20冊/47冊(43%) 2014/4/1更新

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です