ペーパーレスにすること

1度しか読まなくても、すべて印刷

今は多くの人がパソコンを使っています。今、読んでいる僕のホームページも、パソコンのディスプレイに映っています。ディスプレイに映された文字を読むことが、”好き嫌い”と分かれますが、1度しか読まない文章をすべて印刷してしまうのはもったいないですよね。まして、あんまり関係ないミーティングに出席すると、1度も読まない資料を山のようにもらうことがあります。日々新機種が登場する電子機器のマニュアルなんてのもまったく読まない資料のひとつでしょうね。いつの時代になっても、すべての資料が電子化され、プリントアウトされることがまったくなくなるとは思いませんが、できる限り紙に印刷しなくすることはできるのではないでしょうか。

PDFというファイル形式

で、多くの人が既に利用していると思いますが、PDFというファイル形式があります。adobeという会社が作ったファイル形式です。このファイル形式は、”多くのコンピュータで文書の閲覧、印刷することを可能とする共通の文書交換フォーマット”です。分かりにくいかもしれませんが、電子的な紙といえば良いとおもいます。このファイル形式になったドキュメントは、adobeのReader(無償配布)を使えば誰でも見ることができます。多くのドキュメントをPDFファイルにしてしまえば、紙を無駄使いすることもなくなりますし、机のまわりに資料があふれることもありません。

今は安いんです、PDF作成ソフト

以前は、adobeのacrobatでしか、PDFファイルを作ることができなかったので、(高価で)なかなか個人では購入が難しかったですが、今はいろいろPDF作成ソフトがあります。ソースネクスト社の”いきなりPDF”なんて、2000円くらいです。BVRP Softwareっていう会社の”エキスパート PDF2”というのもなかなか使えるようです。こっちは、6000円ちょっと。ワードやパワーポイントでドキュメントを作り、”いきなりPDF”を使ってPDFファイルにしておけば、検索も簡単、ファイルサイズも小さい、人に渡すのも簡単です。もらった方も便利です。そして、紙の使用量を少なくすることができます。

写真も、プリントレス

僕は最近写真もプリントアウトすることがなくなりました。デジカメで撮影して、ハードディスクに保存しています。たまにバックアップを取ることも忘れないようにしなければいけませんが。以前の写真を見るときは、1人の時はパソコンで見ます。人数が多い時は、パソコンを家のテレビに繋いで、そこで見るようになりました。

いろいろあるでしょうけど、

情報家電を持たない人と持つ人の格差が生まれるとか、結局読むときは紙に印刷したほうが読みやすいとか、いろいろ問題や個人的事情があるでしょう。ただ、ペーパーレスにできる人は、できる部分は、少しでもペーパーレスにしたらどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です