美味しい食事の罠―砂糖漬け、油脂まみれにされた日本人、読了

  • book

美味しい食事の罠―砂糖漬け、油脂まみれにされた日本人

by 幕内 秀夫

最近の日本の食生活は、砂糖・油脂がのっているものが豊かさ・美味しいさの象徴とされるようになりました。しかし、その大量摂取によって、日本の病気にある特徴が出てきました。

現代の食事が「砂糖と油」漬けになっており、それをやめなければいけないという内容です。そのためには、カタカナ主食をやめて、普通の日本食を食べなさいという内容です。

私自身は、お米大好きでパンもパスタも時々しか食べません。
なので、あんまり改善すべき項目はありませんでした。
唯一夕食(夜食)が遅い時間に食べているというのが、だめな点でした。

といっても、こればっかりはなかなか変更できないのですよね、ふーむ。難しいことです。

日本人は「米」でしょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です